2021.06.01

東京都庭園美術館「艶めくアール・デコの色彩」展/宣伝広報物デザイン

東京都庭園美術館にて2021年4月24日(土)から6月13日(日)まで開催されている
建物公開2021「艶めくアール・デコの色彩」展の宣伝広報に関わる印刷物および看板類、
会場で無料配布されるハンドアウト、案内状などをデザインしました。

開催初日の翌日から緊急事態宣言の影響で休館していましたが、
6月1日(火)より日時指定の事前予約制で再開されました。

新緑が眩しい初夏の季節にぜひ訪れていただきたい展覧会です。
というのも、東京都庭園美術館は、東京随一の自然環境に恵まれた美術館。
もともと、旧朝香宮邸であった美術館ならではの
隅々まで意匠が施された建築(内装)が素晴らしいのは言わずもがな、
手入れが行き届いた緑豊かな美しい庭園に癒されます。

長らく続くコロナ禍により鬱屈とした日々を送っている方は、
庭園の芝生に座り寝転び、空を見上げてみてください。
きっと、少しでも気分が晴れるはず。
無料で入れる公園と異なり人も少ないため、屋外で密になる心配もありません。

ちなみに、建物公開展のみ本館(旧朝香宮邸)内の写真撮影が可能です。
詳細は美術館のウェブサイトをご確認の上、係員の指示に従ってください。

興味をもっていただけた方、行かれる予定のある方は、
早めの予約をおすすめします。

デザインの話に戻り、冒頭の画像はB2ポスター。
メインビジュアルとなった美術館内観の空間写真と呼応するデザインです。

展覧会の主題である「色彩」を際立たせるため、写真の背景に4分割の色面を大胆に配しました。
一般的に、展覧会の宣伝広報物に用いられる差し色は1色か2色。
なぜなら、作品の邪魔になる配色になってはいけないという当たり前の大前提があるため、
リスクを負わず、無難にまとめるためにも色数を抑えた方が安心だから。
ですので、写真の縁取りと4分割の背景を合わせ、
5色もの鮮やかな差し色を配した展覧会の宣伝広報物は珍しいのではないでしょうか。

A4チラシ裏面は、情報の区切りに文字の色分けを行い、更に多色を使用しました。
美術館に行かれる際は、ぜひお手にとって見ていただけると幸いです。

各種ポスターとA4チラシ表面には特色インクを使用し、
黒文字の濃度と刷り方を部分的に変える工夫など印刷もこだわっています。

デザインのこだわりをもうひとつ紹介すると、
展覧会を象徴する空間写真に導かれ、左右対称の構成を強調しているにも関わらず、
青背景の余白のみ文字要素を入れていません。
右下の角に抑えを入れると全体がまとまりすぎて、つまらないデザインになってしまうと判断し、
あえて、バランスを崩し遊びをつくりました。

それから、展覧会のタイトルロゴを凝り過ぎて文字が読み辛くなるという
告知物のデザインとして本末転倒にならないよう文字の可読性にも配慮しました。

セントラルパークのポートフォリオサイトに、
「タイポグラフィ、色彩設計、空間構成を中心とした潔く美しいデザインを得意としています。」
と自己紹介しています。
今回のデザインは、自己評価しているとおりのデザインになったと自負しています。

色彩感覚に自信がなかったら、多色を用いたデザイン提案はできませんし、
そもそも、配色がよくなければ採用もされません。

優れた色彩設計を期待されての依頼だと思いましたので、
華やかな印象を与えられるよう積極的な色使いを心がけてデザインしました。
結果として、一番おすすめの案をそのまま採用していただきましたが、
ほかに提出した別案も多色使いによる色鮮やかなデザインでした。

関係者など限られた人のみに送られる案内状を含め、
我ながら、とても気に入っている自信作です。

宣伝広報活動において、デザインの評判がいいという嬉しい報告も受けており、
細部まで神経を注いだ甲斐がありました。

上の画像は美術館入口横の看板。ポスターのイメージを踏襲し展開しました。
今の季節、時間帯によっては綺麗な木漏れ日が降り注ぎ、写真映えすると思います。

過去に「キスリング」展のデザインを担当させていただき、東京都庭園美術館の仕事は二度目。
今回、はじめましての学芸員さんからご指名をいただきました。
再び、デザインのご依頼をいただけた理由は、前回の仕事を評価されたからこそだと思いますので、
本当にありがたく光栄なことですし、制作の励みになります。

早速、再開初日に行ってきました。
作品解説や研究報告を読みながら巡る鑑賞は興味深かったです。
何度も足を運んだことのある美術館ですが、
通常の展覧会では作品に目が奪われ見逃していた部分も多く、
内装をじっくり見るよい機会となりました。

芸術に触れる文化的な時間を久しぶりに過ごし、
感覚を刺激する豊かな時間の必要性を改めて感じました。

事前予約制で人数制限はありますが、
一人でも多くの方に鑑賞していただけると嬉しく思います。

緊急事態宣言が再延長され、休館したまま会期終了することも覚悟していました。
担当学芸員さんをはじめとする美術館および関係者の皆様、
そして、展示のデザインや施工に携わった方々のご尽力を思うと、
残す会期が短く2週間になったとはいえ、再開されて本当によかったです。

会期中に行けない方、行くかどうか迷っている方、
遠方にお住まいで行くのが難しい方、この文章を読んだ時点で会期が終了している方は、
美術館が制作した展覧会の紹介動画をぜひご覧ください。
建物の魅力が映像からも存分に伝わるはずです。
(紹介動画のリンクから東京都庭園美術館の公式Youtubeチャンネルに移動します)

ほとんど更新していない当サイトですが、
急に思い立ち、熱のこもった文章を書いてみました。

2021.01.08

新年の挨拶 2021

2021年もよろしくお願いします。

冒頭の写真は、仕事場にて自然光で撮影したピンクのダリア。
新年を迎え、明るく前向きな気持ちになる美しい花の写真をお届け。

入手困難で希少価値の高いオールドレンズ「HASSELBLAD Carl Zeiss T* Planar 110mm F2 F」で撮影しています。
個性が強く万能ではないけれど、唯一無二の描写(独特のボケ表現)を得られる特別なレンズにして大好きなレンズ。

僕自身、いつも花を飾っているわけではありませんが、
花を飾ると空間が華やぎ豊かな気持ちになるため本当におすすめですよ。

そして、花屋で花を選ぶ行為は、美意識を鍛えるのに役立つと考えています。
(花を買う時は、その時の気分とは別に、写真の被写体としての見映えも考慮し、種類・色・個体差を吟味します)

みんなそれぞれいろいろあると思いますが(2020年は大変な年でしたね)、
眩く瑞々しい生命を感じる花の写真を見て、少しでも気分が上向いたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・

さて、2020年も新年の挨拶以降まったく更新しなかったNEWSページ(特に反省もしていません)。

10年間に渡りアートディレクターを務め、誌面全体のデザインも担当している
旅の雑誌『PAPERSKY』がフルリニューアルしたので(タイトルロゴも刷新)、
さすがに紹介したいなと思っています。

長く続けていたため、新陳代謝を図る意味でも、
デザインチームを一新するまたとない機会であったにも関わらず、
引き続き任せていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

独立以来、もっとも長く続いている仕事の依頼主が、
直接の依頼主で唯一の外国人・ルーカスさんであるというのも不思議です。
これからもよき関係が続きますように。

思い入れも強い仕事ですし、デザインのリニューアルについて考えたこと・実行したことを
詳細に書きはじめると時間がかかりそうなので、また改めていつの日か。

僕は関与していませんが、ウェブサイトもリニューアルしたのでぜひご覧ください。

・・・・・・・・・・

幸せなことに新年早々好きな仕事をさせていただいています。
指名でご依頼いただけることは本当にありがたく光栄なことです。

デザイン・撮影のご依頼・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。
面識ない方が勇気を出して依頼してくださると喜びます。
ご無沙汰している方との久しぶりの再会も大歓迎です。
2021年、たくさんの方と仕事をご一緒できると嬉しいです。
ご連絡を心よりお待ちしています。

今年の目標も変わらず、デザインと写真をとおして喜んでもらうこと。
デザインの仕事をはじめて早20年、今もずっと楽しいです。

尽力が報われる幸せな瞬間をいっぱい迎えるため、
幅広い分野で多くの人のお役に立ちたいと思います。

誠実に丁寧に。そして迅速に。
皆様のご期待に応えられるよう最善を尽くします。

そして、なにはともあれ、健康第一。
体調管理と体型維持は、僕が強く心がけていること。生活の基本です。

2020年は予想だにしない不可抗力の感染症により世界中が混迷を極めた1年でした。
みなさんもどうぞお身体ご自愛ください。

2021年はこれまで大切に育ててきたあれこれが実を結ぶ予感。
新たにはじめた撮影の仕事も本格化させたいです。

写真家としての活動もするきっかけとなった自主制作のウェブメディア「少女記録」の運営も続けています。
もうすぐサイト公開5周年。個人の時間のすべてを捧げてきたと言っても過言ではありません。
現在はすべての作品撮影を自ら行っています。
今後の展開にご期待ください。僕自身も楽しみです。

以上、2021年の新年の挨拶でした。

この文章を読んでくれたあなたにとっても最高の一年になりますように。

追伸(この場を借りたお礼):
年賀状を送ってくださったみなさん、ありがとうございます。
年賀状を送るのをやめてからというもの、年々送られてくる枚数が減っていきますが、
変わらず自分を気にかけてくださるお便りは励みになります。
僕はおかげさまでいつも元気です。

2020.01.22

写真家としてのインスタグラム・アカウント

2018年からデザインと並行し写真撮影も仕事として行っています。
2020年から本格的に始動していきます。

いずれ、セントラルパークのオフィシャルサイトと別に、写真家としてのオフィシャルサイトを開設する予定ですが、
ひとまず、自ら撮影した写真を発表する写真家としてのアカウントをインスタグラムではじめました。

【インスタグラムの新アカウント】
https://instagram.com/nobuoyamada.jp/

現在は「少女記録」の作品が中心ですが、女性のポートレートに限らず、様々な写真を紹介していきます。
写真家としての新たな活動もチェックしてもらえると嬉しいです。

女性を自然光で美しく撮影することを得意としています。
ご依頼を心よりお待ちしています。

2020.01.22

新年の挨拶 2020

2020年もどうぞよろしくお願いします。
ほとんど更新されないウェブサイトをチェックしてくれたあなた、ありがとうございます。

冒頭の写真は仕事場で自ら撮影した赤い薔薇。
花を飾ると空間が華やぎ豊かな気持ちになるのでおすすめです。

・・・・・・・・・・

今更ながら、2019年の仕事をひとつだけ振り返って紹介すると、
東京都庭園美術館で開催された「キスリング展」の宣伝広報に関わる印刷物および看板類、
会場で無料配布されるハンドアウト、特別鑑賞会の招待状をデザインしました。
(全国に巡回する展覧会の最初の美術館に関わることができて光栄です)

上の横並びの画像2点がメインビジュアル。(下は美術館入口横の看板。自ら撮影しています)
絵画の展覧会であるため、額装をモチーフにしたデザインフォーマットを各種制作物に展開しました。
オレンジ背景にピンク文字のデザインがB1ポスター、B2ポスター、看板など大きな印刷物、
ターコイズブルー背景に青文字のデザインがA4チラシ表面、ハンドアウト、招待状など小さな印刷物に使用されています。
メインビジュアルとなるB1ポスターのデザインを提案する際、
A4チラシと合わせて配色違いで2種類お見せしたところ、両方共に採用していただきました。

図版違いの複数デザインは見たことがありますが、配色違いの展開は珍しいのでないでしょうか。
素晴らしい決断に感謝の気持ちでいっぱいです。

(最終成果物を複写したら、改めて詳しく紹介するかもしれません)

美術館の仕事はもともと好きでやりたいことのひとつ。
以前は展覧会の宣伝広報物や作品集のデザインを多く手がけていました。
再び美術関連の仕事が増えていくと嬉しいです。

・・・・・・・・・・

自主制作のウェブメディア「少女記録」の運営も続けています。
「少女記録」をきっかけにはじめた写真家としての活動(主に女性の人物撮影)は、
「少女記録」の各種SNSで告知する程度で積極的な営業活動をしていないものの、撮影依頼が増えはじめています。
アートディレクターとしての職能、編集者としての経験を活かし、デザインと写真の相乗効果で撮影の仕事も増やしていきます。

デザイン・撮影のご依頼・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。
面識ない方が勇気を出して依頼してくださると特に喜びます。
2020年、たくさんの新たな出会いを楽しみにしています。

誠実に丁寧に。そして迅速に。
皆様のご期待に応えられるよう最善を尽くします。

今年の目標もデザインや写真をとおして喜んでもらうこと。
何度も幸せな瞬間を迎えるため、一人でも多くの人のお役に立てると嬉しいです。
そして、なにはともあれ、楽しく健康第一。

2020年は大切な節目の年になる予感。
これまでになく充実した最高の一年にします!

この文章を読んでくれたあなたにとっても最高の一年になりますように。

2019.01.04

新年の挨拶 2019

新年あけましておめでとうございます。
旧年中お世話になった皆様ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

あいかわらず、「少女記録」の制作に没頭するあまり、2018年もポートフォリオサイトの更新が滞りました。

改めて説明すると、ウェブメディア「少女記録」は、厳選した女優・モデル・アイドルの新人を中心に撮り下ろした
特別な写真作品を発表している美少女紹介サイトです。僕は編集長/運営人をしています。

本業の方では、もともとやりたい分野のひとつであり、今後の展開に好影響を与えそうな案件が進行中。
2019年こそ、依頼を受けてデザインした仕事も紹介していきます。

2018年、個人的にもっとも大きかった変化といえば、40歳にして写真家としての活動をはじめたこと。
1年前はまったく予期していませんでした。何が起きるか分からず、人生は面白いですね。
写真家をはじめる宣言についてはnoteに詳しく書いています。
やりたいことが次々と見つかり臆することなく行動に移している自分を誇らしく思います。学びが多く刺激的な毎日です。

僕を昔から知っている人は、服部一成さんの弟子なのに何をやっているのだと不審に思っていることでしょう。
安心してください。少女記録は出演モデルの人選を参考にされるほど業界関係者から注目を集めています。
それほど先見性のある独自の人選をしています。ただの美少女趣味というレベルではありません。
そして、少女記録のようなウェブメディアを個人で制作・運営しているアートディレクターは日本に僕一人しかいません。
企画・人選・クリエイティブすべてのクオリティにおいて日本一の美少女紹介サイトだと自負しています。

ちなみに、僕が今もっとも注目している新人は滝澤エリカさん。(推薦文はこちら
クリエイター心をくすぐる逸材です。現在も個人的な作品撮影を続けています。
近い将来、滝澤エリカさんが大活躍すると確信しています。今後の活動をぜひ注目してください。
業界関係者の方はぜひ起用してみてください。別格の輝きを目の当たりにするはずです。

話は戻り、写真を本格的にはじめたきっかけは少女記録の作品撮影を自ら行ったことでした。
当然のことながら仕事実績がないため、まずは女性のポートレートを中心に作品撮りを進めています。
芸能事務所に所属する新人をすでに20名近く撮影しており、光栄なことに複数名の宣材写真に採用されています。
未発表の写真も多く、noteで少しずつ紹介しています。(おかげさまでフォロワー10,000人を超えました!)

服部一成さんのところで修業を積んでよかったと思うことのひとつに撮影ディレクションがあります。
働いていた当時、超一流の写真家の撮影現場に立ち会う機会に恵まれていました。
高いレベルの環境で、服部さんの撮影ディレクションを間近で勉強することができたのは大きな財産です。
また、キユーピーハーフの広告やファッション誌『流行通信』の特集に使用する写真など服部さん自らも撮影していました。
僕にとって、アートディレクターが自ら撮影することは自然なこととして刷り込まれています。

撮影を本格的にはじめてみて、写真(特に人物撮影)の好きなところは、
被写体=喜んでもらいたい相手=喜んでもらえる相手が同一人物なため反応が直接的なところです。

撮影をとおして感じた幸せによって、自分のデザインを好きだと思ってくれる人、
数多いるデザイナーの中から自分を選び指名してくれた人に喜んでもらいたいという想いが一層強くなりました。
写真をはじめたことにより、改めて、依頼された仕事として行うデザインが大好きだということを実感しています。
もちろん、デザイナーの責務である提供する成果物をとおした経済的な貢献にも尽力していきます。

デザイン・撮影のご依頼・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。
2019年、新たな出会い(再会)を楽しみにしています。

誠実に丁寧に。そして迅速に。
皆様のご期待に応えられるよう最善を尽くします。

今年の目標は、喜んでもらうこと。
一人でも多くの人のお役に立てると嬉しいです。
そして、なにはともあれ、楽しく健康第一。
充実した最高の一年にします!

写真は海の水平線を写した風景。
空気が澄んだ冬の青空と光に照らされ煌めく水面が美しい1枚。
皆様にとって輝かしい1年になりますように。